So-net無料ブログ作成

愛鷹山(2008年冬 越前岳~呼子岳) [愛鷹山]

2008年、今年最後の山登りは「愛鷹山」です♪
今回も登山前に素晴らしい「赤富士」を見ることができました^^

2427154

2427155

2427156

山頂から裾野(一枚目から三枚目)に向かってモルゲンロート(朝焼け)が進んでいきます。
この時気温はー4℃、時間にするとほんの数分の出来事です…
(2008年12月27日)





2427146

山頂(越前岳)には1時間半で到着。
初めて登った時から比べると、30分早く登れるようになりました。
今回は「越前岳」から「呼子岳」まで縦走します。
写真は縦走途中の「壁」です。「越前岳」から「呼子岳」までは200メートル程下ります。
ただ下るだけではなく、途中アップダウンを繰り返し、ところどころ、こんな壁が突然現れます。
やせ尾根で道幅も狭く、油断してバランス崩すと両側とも崖という場所を何箇所か慎重に歩きます。
(2008年12月27日)





2427145
《 越前岳と富士山 》
地元に伝わる昔話によると、愛鷹山と富士山は姉妹で、姉の愛鷹の方が高かったそうです。
ある日富士が海が見えないとゴネて喧嘩になり、富士が愛鷹を後ろから蹴飛ばして低くしてしまったのだそうです。
(2008年12月27日)





2427144
《 呼子岳 》
「越前岳」から約一時間、「呼子岳」に到着。ここからは残念ながら「富士山」は望めません。
しばし休憩の後、もうひと頑張り、また「越前岳」に戻ります。
今度は逆に200メートル登り返しです!
「越前岳」直前の最後の急登でさすがに息があがりました><
「よいしょ、コラショ、がんばれ自分」と心の中で繰り返しながら一歩一歩進んでいきます。
「越前岳」まで帰りも約一時間で戻ってくることができました。
(2008年12月27日)





2427153
《 南アルプス 》
今日も南アルプスまで見渡すことが出来ました♪
右から悪沢岳、前岳、中央にあるのが赤石岳。一番左が聖岳かな…雪が深くなってきたようです。
まだまだ未知の山々達です。いつか行けるかな~。
(2008年12月27日)





2427143
《 十里木高原展望台 》
この展望台までは駐車場から20分前後で登ることが出来ます。
富士山も正面に見えて、ピクニックにはちょうどいいかも♪
ただこの時期、風も冷たく、やはり寒さには注意が必要です。

13時半頃下山完了。出発は7時半頃だったので、往復約6時間の行程でした。
「呼子岳」の縦走は思ったよりハードでしたが、私達の冬のトレーニングには最適のコースでした。

愛鷹山はいつも穏やかに私達を迎えてくれる山です。
富士山に蹴っ飛ばされても「仕方のない妹ねぇ」と笑ってたのかなぁ~と思ったりします。
この日は風も穏やか、午後になってからも富士山や南アルプス方面も雲ひとつなし。
今年最後は最高の山行でした。
愛鷹山さん♪来る年もどうぞよろしくお願いします。


皆様もどうぞよいお年をお迎えください♪

(2008年12月27日)

草津温泉(2008年12月) [温泉]

朝から雨…
北関東方面はこちらより少しはお天気いいかも…と淡い期待を胸に普段通り朝5時に家を出ました。
首都高を抜け、関越に入ってからもいっこうに雨の止むは気配なし、赤城山方面も雲の中…。
そこで今日は登山はあきらめ、一年の疲れを癒しに急きょ草津温泉に行先変更です!
吾妻渓谷を過ぎた辺りから雨は雪に変わりました。

2406348

2406346

天然のホワイトイルミネーションのようです…
(2008年12月14日)




2406337

2406335

2406338

草津温泉は今年4回目。
いつもは無料の温泉で汗を流して帰ることが多いのですが、せっかくの雪なので、雪見風呂に入るべく「西の河原大露天風呂」に行ってきました。
訪れた時間も朝9時前と、観光客もまだ少なくて(女性風呂は私を含めて3人)雪見風呂満喫できました♪
(2008年12月14日)





2406336

飾りものの松のようです…
(2008年12月14日)





2406347

草津白根山の湯釜まで歩けそうなら行ってみようと思って途中まで車を走らせたのですが、「白根火山ロープウェイ」より先の「志賀草津道路」はすでに冬季通行止めになっていました。残念…
でも思いがけず一年の締めに草津の湯に入ることが出来、雪見風呂まで満喫できたので、山に登ることはできなかったもののとても良い休日を過ごせました♪
草津良いとこ~何度も行きたい~♪ (字余り…)
(2008年12月14日)

杓子山(2008年初冬Ⅱ) [富士山の見える山]

前回からの続きです…

「杓子山」(しゃくしやま)山頂に11時頃到着♪気温が上がってきたので富士山も霞んできました。

2388279

富士山を正面に望みながらお昼ごはん^^
到着時は誰もいなかったのですが、おにぎり食べてると、山頂にぞくぞくと人が到着!
この「杓子山」に登るだけなら1時間位で登れるそうで、みなさんお昼の時間に合わせて登ってきたみたい。
地元の方に愛されている山のようです。
(2008年12月6日)





2388276

2388275

2388278

先週訪れた「愛鷹山」よりさらに近くに「南アルプス」を望むことができました♪
う~ん……やはりどれがどの山か…未熟者で申し訳ありません。
(2008年12月6日)





2388274

この日の最終目的地「高座山」(たかざすやま)山頂。
「鹿留山」~「杓子山」~「高座山」縦走できました^^v
(2008年12月6日)





2388280

太陽の熱で雪が蒸発し、雲が湧き上がっている様子がわかるでしょうか。
雲が出来る仕組み、まさに一目瞭然!

ここから林道を下って下山なのですが、またまたまた林道の分岐にて道を間違ってしまいました。
(この日3度目)
マイナーコースを歩いたので仕方ないのかもしれませんが、林道途中にて分岐が多く、しかも道標なし…。林業の方のための道なのかもしれませんが、分岐にはせめて道標示してほしいなぁ~と今回はつくづく感じました。
この日の道間違いのロスは多分距離にして1キロ前後、時間は30分以上費やしました。
そんなこんなで3回も道を間違ってしまいましたが、出発地点には14時半に到着。往復7時間、予定時間通りに下山完了しました。
林道を抜けると、ほぼどこからでも富士山を眺めながら歩くことができる、気持ちのよいコースでした。
違う季節にもまた訪れてみたいと思っています。
(2008年12月6日)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

杓子山(2008年初冬) [富士山の見える山]

今年パートナーとの休みが重なる土曜日は今日がラスト。
そこで今回はいつもより長く歩いてみようということで、鹿留山(ししどめやま)~杓子山(しゃくしやま)~高座山(たかざすやま)縦走コースにチャレンジです。(予定時間、7時間~7時間半)
諸条件(アクセスよく、高すぎず、低すぎず、景色よく、縦走可能等々…)を満たす山を探すと、この時期はやはり富士山周辺となり、ここに決めました♪
先週登った「愛鷹山」とはほぼ反対の方角に位置するので、富士山も北東斜面を望む感じです。
「愛鷹山」から見える富士山とは岩肌の様子が異なるので、よかったら前回の富士山と見比べてみて下さい^^

2376345
(2008年12月6日)





2376343
《 お地蔵さん 》
登山道まで20分離れた駐車場を朝7時半に出発。
途中、霜の中佇んでいた、とてもかわいらしいお地蔵さんに今日の無事をお願いしました。
(2008年12月6日)





2376341
《 岩場 》
全く眺望のない樹林帯を歩くこと約一時間。(樹林の中の分岐で道を間違えること2回><)
そしてついに壁出現!!ここから「鹿留山」までが今日一番の難関です~
(2008年12月6日)





2376342
《 鹿留山山頂 》
今日登った山の中で標高は一番高いのですが、ご覧の通りほとんど眺望なし。
そのためか、山頂の標識もなし。心なしか寂しげな印象の頂上です。
(2008年12月6日)





2376340
《 杓子山を望む稜線 》
右上に見えているのが「杓子山」真ん中やや左の小高い山が「高座山」
この稜線をてくてく歩きます♪
(2008年12月6日)





2376344

稜線の左側、木々の合い間から富士山を望むことができます。
やっぱり稜線歩きは、キモティ~! ^^v
(2008年12月6日)


次回に続きます…

愛鷹山(2008年初冬Ⅱ) [愛鷹山]

前回からの続きです…


今回は愛鷹山(越前岳)から少し足を延ばしてみました。
黒岳への縦走途中に、富士山展望の名所「富士見台」という場所があるそうで、
片道30分と時間もちょうどいい感じ。そこで行ってみることにしました。


2367011
《 愛鷹山山頂(越前岳) 》
この日は富士山もさることながら、南には伊豆半島、西は静岡焼津方面、北は南アルプスの山並まで見渡すことができました♪
(2008年11月30日)





2367012

富士の裾野、左下のほうに南アルプスの山並が見えています。

2367013
《 南アルプスの山並 》
デジカメでめいっぱいズーム!
う~ん…。どこがどれでーというのはわかりません…悪しからず。
(2008年11月30日)
南アルプスは、右の大きい山塊が悪沢岳、その左の雲に入っちゃっているのが前岳。
中央にあるのが赤石岳だと思われます。そして一番左に写っているのが聖岳です。
聖岳と赤石岳の間にあるちょっとゆるやかなのは布引山ですね。
by カズさん♪ ← いつもありがとうございます^^





2367014
《 富士見台より 》
ここからの富士山はカメラマンさんには有名なポイントのようです。
高さ2.5メートル位ある脚立が雑草の中にひっくり返っていたので、二人で立て直し、パートナーにがっちり支えてもらい、脚立上に設置されている座面(?)のようなところに座って撮りました。
安定感が全くない脚立で、狭い尾根の途中だし、超~びびりまくりでした。
その苦労はこのショットには微塵も感じられず…ToT
(2008年11月30日)





2367016
《 富士見台からの帰り道 》
今日は富士山に始まり富士山に終わりました^^
(2008年11月30日)





2367015
《 愛鷹山全景 》
12時前には下山完了。
愛鷹山さん♪今日もありがとう。また来るね^^
(2008年11月30日)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。