So-net無料ブログ作成
検索選択
群馬・栃木の山 ブログトップ
前の5件 | -

ありがとう♪ 袈裟丸山 \(^o^)/ (2012年5月) [群馬・栃木の山]

5月23日(水)    くもり 時々 晴れ

塔の沢駐車場 ~ 寝釈迦 ~ 賽ノ河原 ~ ツツジ平(往路のみ) ~ 小丸山 (往復)

12.5.23.27.jpg
飽きもせず、またまた行ってきました~~(今月3回目) ^^;  今回は「塔の沢コース」








12.5.23.1.jpg
新緑とミツバツツジ




12.5.23.4.jpg
ピンク色のヤマエンゴサク♪




12.5.23.3.jpg
おそらくカエデ系のお花だと思います。 ⇒ チドリノキ (hidamariさん、ありがと~~^^)







12.5.23.18.jpg



12.5.23.26.jpg
ほとんどの人は眺望よく歩行時間短い「弓の手コース」を歩くけれど、私達は山の懐に抱かれているようなこの道が好き♪





12.5.23.15.jpg
イチリンソウ♪





12.5.23.16.jpg



12.5.23.19.jpg
スミレの群生♪









アカヤシオ、賽ノ河原ではおしまい。 小丸山付近まで標高をあげてきていました。

12.5.23.9.1.jpg



12.5.23.7.jpg




12.5.23.11.jpg



12.5.23.10.jpg








12.5.23.13.jpg
ヒメイチゲ

この日、パートナーは「今日もヒメイチゲに会うぞ~~!」と意気込んでいたのですが、
笹の中にある蕾は見つけるものの、なかなか咲いている花に会えません。
もう終わっちゃったかねぇ・・・ と諦めかけていたそのとき、
「あった~~!!」 登山道脇に群生して咲くイチゲちゃん、発見!!  パートナー執念の発見でした。

私がイチゲの写真を撮っていると、おばさま方が「なになに~~、あらぁ~~!」
足元にあるイチゲの蕾に気づかず踏みこんでこられます。
「キャー 踏んでます~~~!!」思わず叫んでしまったのでした ^^;
お花がひとつ咲いていると、たいていそのまわりにも咲いていることが多いので、
どうかまわりの花芽にも気をつけてあげてくださいませ。









新緑に抱かれながら、森の道をのんびり戻ります。

12.5.23.14.jpg
オオカメノキ




12.5.23.22.jpg




12.5.23.23.jpg


12.5.23.21.jpg




12.5.23.17.jpg
新緑ってたくさんの色があるんだね♪











12.5.23.24.jpg
寝釈迦さまも新緑の中で気持ちよさそうにお休み中♪










12.5.23.20.jpg
ミツバツツジ




12.5.23.28.jpg
登山口に咲いていた ヤマツツジ が おかえり~♪ と迎えてくれました。

半月のあいだに3回この山を訪れましたが、訪れる度にこの山が好きになっていく感覚を覚えました。
アカヤシオシリーズは今回で一旦終了しますが、おそらく今後何度も登場する山となることでしょう。
秋も間違いなく綺麗だろうな~~
でもその前にシロヤシオも見たいかな~~(笑)



袈裟丸山 もう一回行ってみよう~! (2012年5月) [群馬・栃木の山]

5月16日(水)    くもり のち 晴れ

折場駐車場 ~ 賽ノ河原 ~ 小丸山 ~ 袈裟丸山(前袈裟丸)    (往復)


12.5.16.6.jpg
カメラのバッテリー満タンにして、袈裟丸山行ってきました~ ^^v



『今朝スタジオからは富士山が綺麗に見えています。』 ラジオアナウンサーの声。

このセリフ、先週も聞いたよねぇ~^^;
前回このセリフを聞いたときはガスと雨の中でしたが、この日は「晴れ」予報~~ \(^o^)/
雨の心配はなし ^^v
でもひとつ気になることが・・・
『関東地方はフェーン現象のため気温が上がる見込みです。』
フェーン現象って確か山から乾いた風が吹き下ろして平地の気温が上がるってことだよね。
私達が向かうのは2000メートル弱の山。 風大丈夫かな・・・







12.5.16.12.jpg
この日目指す袈裟丸山(前袈裟丸) 今回は弓ノ手コースで登ります。




12.5.16.13.jpg
むこうに見えているのは赤城山。  強風で木がしなっています・・・


12.2.28.7.jpg
2月、赤城山より望んだ袈裟丸山



不安的中(><)
よしころん、天気予報に関しては勘が冴える・・・
ここは那須か前白根か、はたまた大菩薩か~~~ 尾根はものすんごい強風(><)
雪が残ってなくて本当によかった。
ニット帽被るほどではありませんでしたが、早朝の風は冷たくて、冷たくて、顔半分と耳が痛くなりました。
この日は気温が上がる予報だったので、レインウェアを防寒着代わりに着ている方もかなり見かけました。 
平地の天気予報は山ではあてになりません・・・







12.5.16.21.jpg
はじめましての フモトスミレちゃん♪
sizukuさん、はるかさん、ありがと~♪

登山道沿いに咲いていた、花も葉もとっても小さいスミレちゃん達。 
花の大きさはフデリンドウと変わらないくらいミニミニサイズ。 肉眼ではその色や形がよく分からないほどに小ささ。
登山道を歩く人もほとんど気付いていません。 
レンズを通して見ると、もぉぉ~、かわいくて、かわいくて~~♪ 這いつくばって何枚も撮っちゃいました。



12.5.16.15.jpg
 



12.5.16.16.jpg




12.5.16.19.jpg12.5.16.17.jpg
ちいさな花束のようなフデリンドウ








12.5.16.18.jpg
ミツバツツジが現れました








12.5.16.11.jpg
標高をあげると山全体がアカヤシオのピンク色に染まりはじめています




12.5.16.1.jpg
賽ノ河原付近では生まれたばかりのアカヤシオのお花達♪




12.5.16.2.jpg




12.5.16.8.jpg




12.5.16.10.jpg
まだまだ咲いていない木がたくさんあります。 全体的にはこの日で3分咲きくらい?




12.5.16.7.jpg
何本かの木がまとまって咲くとお見事~~\(^o^)/   木によって少しずつ花色も異なります。

アカヤシオのピークはもう少し先かな。 アカヤシオの鑑賞だけであれば小丸山までで十分かも。
この日も平日にもかかわらず大勢の人が訪れていましたが、ほとんどの方は小丸山までのようでした。







12.5.16.5.jpg
ヒメイチゲ

小丸山山頂付近と避難小屋付近の広場に咲いていました。
このお花も目立たないとても小さなお花。 帰路、小丸山付近には大勢の方が休憩されていましたが、
この子達の存在に誰も気づいていません・・・
地面ばかり覗きこんでいる私達を不思議そうに見ています。
きっと間違いなく踏まれちゃうね・・・   群生して咲いているお花達の周りを囲ってあげたい気持ちでした。

袈裟丸山(前袈裟丸)山頂も激風~~~!  寒い~~~!!  飛ばされそう~~~ (><)
山頂からはそそくさと下りてきました(笑)  今回の写真はほとんど下山時に撮ったものです。







12.5.16.14.jpg

風のあたらない鞍部で昼食をとったあと下山開始。
尾根上、まだ風は強いまま。  帽子のツバが折れているのが分かりますか。
気温が上昇してきたので、早朝の往路の寒さはありませんが、ときおり吹きあげるような強風が吹いていました。
風さえなければ、眺望もよく気持ちのいい拓けた尾根歩きを楽しめます。
前回3時間かけてたどり着いた 「賽ノ河原」 までも1時間足らずで登れます。
ほとんどの方は今回の折場スタートの弓の手コースを選択されるよう。 
ただ個人的には前回歩いた沢沿いの塔ノ沢コースのほうが好みです♪

今年も虫の季節が近づいてきました。
わたくし先週からおにゅ~の虫除けぶら下げてます^^v  ザックにぶら下げているスヌーピの形のそれ。
昨年はそっけない形のものしか売られていませんでしたが、今年は見た目も可愛いものがいくつか売られています♪
「持って歩くなら、ビジュアルも重要だよね~」 これは次女の弁 (笑)
この虫除け、顔のシールは自分で貼るのですが、シールはそんなビジュアル重視の次女が美しく貼ってくれました(笑)







12.5.16.22.jpg
モミジイチゴ








12.5.16.23.jpg




12.5.16.28.jpg
林道脇に咲いていた ヒトリシズカ




12.5.16.24.jpg
綺麗な羽色の虫さん発見








12.5.16.29.jpg




12.5.16.30.jpg
にわか撮り鉄 ^^;   わたらせ渓谷鉄道 水沼駅、水沼駅温泉センター [いい気分(温泉)]

駅舎と温泉施設が一緒の珍しい駅。 袈裟丸山の帰りはここで汗を流したあと帰路につきます。

この日は少し風が強かったけれど、コースを変えて歩いたことで、袈裟丸山の違う顔を見せてもらうことができました。
ツツジのシーズン中に最低あと1回は訪れようと思っています♪

袈裟丸山の途中まで ^^; (2012年5月) [群馬・栃木の山]

5月11日(金)    くもり 時々 晴れ

塔の沢駐車場 ~ 寝釈迦 ~ 賽ノ河原 (往復)

12.5.11.10.jpg
ヒゲネワチガイソウ

山に出かける際、極力雨の心配が少ない、比較的天候が安定した山域を選んででかけます。
ふだんはお天気第一なのですが、今回はちょっと欲が出てしまいまして・・・

このあたり、ちょっと雨雲が近そうだなぁと思いつつ、「やはり花も見たいぞよ!」の気持ちが勝り、
アカヤシオが見ごろだという高原山山塊「ミツモチ山」を予定。
午前6時過ぎ、現地到着。

麓は晴れているのに、登山口まで行くとガス+ 雨 ToT
ラジオからは 「東京は富士山まで見渡せて、素晴らしい晴天ですね~♪」 アナウンサーの声。
えぇ~、えぇ~、そちらのほうがお天気いいのは分かっていたんですけどね・・・
やはり山梨、奥多摩、秩父方面の山が無難だったようだ。 はぁ~どうしよう・・・





12.5.11.2.jpg12.5.11.3.jpg

12.5.11.9.jpg


12.5.11.1.jpg12.5.11.7.jpg
袈裟丸山 塔の沢登山道沿いのスミレちゃん達♪

このガスと雨の中は歩きたくないねぇ。
どうもこのあたりが雨雲の境目のよう。南下すれば少なくとも雨は降っていないはず。
山の本と道路地図をにらめっこ。
袈裟丸山が近い! 1時間あれば移動できそう!!
アカヤシオには少し早いかもしれないけれど、早咲きの花が咲いているかもぉ~。

こんな前ふりがあって袈裟丸山行ってきました(笑)







12.5.11.14.jpg
移動大正解 ^^v  そして袈裟丸山、塔の沢コース、森と沢の雰囲気がとてもよい。好きなタイプの登山道。




12.5.11.15.jpg12.5.11.5.jpg
               イワハタザオ                         ハナネコノメソウ



12.5.11.6.jpg
ヤマエンゴサク




12.5.11.18.jpg12.5.11.4.jpg
               ムラサキケマン                         コチャルメルソウ



12.5.11.11.jpg
ハナネコノメソウ


歩き始めから花、花、花~♪
スミレちゃん、イワハタザオ、ハナネコノメソウ、ヤマエンゴサク、ムラサキケマン、コチャルメルソウ~~~
圧巻はハナネコノメソウ! 足元のそこここに、途切れることなくずぅぅ~~と続いています。
10日くらい前であれば一面のハナネコノメロードだったかと。
かしましトリオで訪れると間違いなく進まない道(笑)
そういうよしころん、パートナーペアも途中のポイントまで1時間の道のり、気がつくと2時間経過していました ^^;







12.5.11.13.jpg

全体的に歩き易い登山道ですが、徒渉を何度も繰り返すので山を歩き慣れていないとルート分かりづらいかもしれません。
テープマークもあまりついていませんでした。
上の写真のような箇所もあります。 
この木道を滑らずに渡る自信なく、迂回しました ^^;







12.5.11.16.jpg
寝釈迦

大きな石に彫られたお釈迦様。 いつ、誰によって作られたかは不明。 弘法大師説、勝道上人説あり。 
少なくとも江戸時代以前に作られたようです。
『今日ここに来たのはおだいっさん(弘法大師)のお導きだったんだわ~』 ありがたくお釈迦様に手を合わせました。
ふつうに歩けば登山口駐車場からここまで1時間で来られます。 (この日は2時間かかってます 笑)







12.5.11.17.jpg
バイケイソウも元気








12.5.11.8.jpg
鳥さんのおかげで山桜を近くで見ることができました♪

当初予定していなかった山でもあるし、この日は賽ノ河原までで折り返すことに。
(久しぶりにきちんと山を歩いたので、二人してきつかったということもあります ^^;)
賽ノ河原ではまるで生まれたての赤ちゃんのような、可愛いピンクのアカヤシオが咲き始めていました♪
まだ数えるくらいの木々の花しか咲いていませんでしたが、
アカヤシオは期待していなかったので、会えてとても嬉しかったです。

そしてアカヤシオを撮ろうとしたその時、カメラのバッテリーがお無くなりになりました。
・・・・・はい、きちんと充電していない私が悪うございます。 はい、予備バッテリーも持っていません。 
こうやってときたま自分自身にガッカリします ToT
パートナーが電池温めてくれて、その後数枚撮れましたが、写真はもうひとつでした。。。

袈裟丸山、とてもいいお山でした。
お花との出会いも一期一会。 欲張ることなく天候が安定している山域を選びなさい。
お大師さんが教えてくれました。

氷の妖精に会えた♪ 赤城山(2012年2月) [群馬・栃木の山]

2月23日(木)    快晴 のち 晴れ

大沼駐車場 ~ 黒檜山登山口 ~ 黒檜山 ~ 駒ケ岳 ~ 駒ケ岳登山口 ~ 大沼駐車場


12.2.28.1.jpg
舞い上がる氷の妖精達   ファインダー越しでは、それはそれは ☆ キラキラ~☆ と輝いていたのですが・・・↓

放射冷却のため一気に冷え込んだ快晴の朝。 スタート時の気温ー13℃。
さすがにこれくらいまで気温が下がると、ほんの少しの風で顔が痛い。 早々に目だし帽装着。
完全に結氷した大沼を吹きぬけてくる風は、まさに氷の冷たさ。
早く登って体を温めたいとさえ思ってしまいます。




12.2.28.6.jpg
雪の急登をどんどん登る。 光の稜線まであとわずか。 雪だるまが見守ってくれます♪
(新雪の下は凍っているため、6本爪アイゼンではズルズル滑る箇所もあります ><)





12.2.28.5.jpg
綺麗・・・





12.2.28.3.jpg
うわ~~~! (*_*)



12.2.28.2.jpg
眩いばかりの光のトンネル。

風が吹くたびに氷の妖精達がハラハラと大空へと飛び立っていきます。
朝の澄んだ光を全身に浴び、キラキラと輝きながら・・・  
ダイヤモンドダスト。  この世のものとは思えないほど美しい光景。 
カメラのファインダー越しに紺碧の空へと旅立っていく妖精達を言葉もなく見入っていました。




12.2.28.8.jpg




12.2.28.7.jpg
頂上稜線  素晴らしすぎる・・・  (袈裟丸山方面)




12.2.28.9.jpg
そしてまっさらの山頂へ・・・





12.2.28.14.jpg12.2.28.13.jpg               谷川岳方面                             上州武尊山



12.2.28.12.jpg12.2.28.17.jpg               尾瀬方面                           燧ケ岳    会津駒ケ岳



12.2.28.15.jpg12.2.28.16.jpg              日光白根山方面                         皇海山      男体山




12.2.28.10.jpg
黒檜山頂上   これ以上望みようもない素晴らしい山行でした。 ありがとう赤城山


………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


赤城山には大沼という冬季ワカサギ釣りで有名な湖があります。
この日も見事に全面結氷。 ふだんなら沢山の釣り人で賑っているはずの湖面上。 人影は皆無・・・
解禁前の残留放射線量検査にて、ワカサギの線量が数値を上回っていたそう。
その後の検査では下回ったものの、今後見直され、現在よりも厳しくなる数値よりは上の状況。

このあと釣りは解禁になりましたが、持ち帰り、食用は禁止。
釣ったワカサギは全て廃棄処分されるそうです。
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20120303ddlk10040115000c.html

震災からまもなく1年。 終息はしていない。

トレースのなかった 赤城山(2011年3月) [群馬・栃木の山]

3月8日(火)   晴れ 時々 くもり のち 雪

大沼駐車場 ~ 黒檜山登山口 ~ 黒檜山 ~ 駒ケ岳 ~ 駒ケ岳登山口 ~ 大沼駐車場


赤城山に行ってきました^^
11.3.8.4.jpg
この時期の赤城山に毎年登っています。
今年もそろそろ行かないと~! と思っていたところ、な~んとまたも前日に雪が降りました ^^
わぁ~い! わぁ~い!\(^o^)/  ( こちらのお二人さん北横岳での新雪ラッセル、もうすっかり忘れています。。。)





11.3.8.1.jpg
赤城山、まだまだ積雪ありました。 雪庇も立派デス! 
スタート時の気温ー8℃。 ここまでへの道路は見事なアイスロードでした(><)
皆さまもくれぐれも安全運転で向かわれて下さいませ。





11.3.8.2.jpg
おじさん、登ります! しかし新雪の下はアイスバーン、氷の塊。 
アイゼンがききません(><) 急登ではズルズル滑ります。 頑張れ!6本爪アイゼン!
あぁ~ん、ドラえもん~~! フルアイゼンとピッケル出して~~!! 





11.3.8.3.jpg
なんとか、かんとか頂上稜線に到着。 
ドラえもんに心の声は届かなかったけれど、山の神様は最高のご褒美を用意してくれていました♪


11.3.8.5.jpg


11.3.8.6.jpg
うっわ~!うっわ~~!(*_*) なんて綺麗~~♪
スキップしながら(?) 黒檜山頂上に到着 ^^v




11.3.8.11.jpg

11.3.8.7.jpg
画面奥、左から日光白根山、皇海山、男体山。 谷川方面は残念ながら雲の中でした。




11.3.8.8.jpg
気温が上がり始め、霧氷少しずつとけはじめていました。
間にあってよかったデス♪



11.3.8.9.jpg
黒檜山より先、トレースはなくなりました。
このコースは何度も歩いているし、下山口までは尾根づたいの道、問題なく歩けると思っていましたが。。。
歩き始めると ん? あれれ?? 大丈夫??? と思うことが何度かありました。 
普段いかに踏み跡、トレース、標識に頼りボンヤリと歩いているかということをを思い知らされました。
反省、まだまだダメダメヤマノボラーですねぇ。

こんなにいいお天気だったのに、駒ケ岳を巡り下山した正午頃には雪となっていました。





11.3.8.10.jpg
下山後、赤城の麓、沼の窪に立ち寄り、ザゼンソウに会って帰りました。
赤城の冬と春を楽しませてもらえた1日となりました ^^




(またまた余談 ^^;)
先日、消防署にて普通救命講習を受講してきました。
心肺蘇生法とAEDの使用方法、人形を使ってみっちり3時間指導していただき、大変勉強になりました。
この講習、各市町村の消防署等で実施されているようです。(わが市では広報に掲載されておりました)

私は昨年末、お風呂で倒れた女性に遭遇したことが受講のきっかけでしたが、
一緒に受講されていた女性は3ヶ月前、ご自身がAEDに命を助けてもらったことがきっかけだったそうです。
年に数回、上級講習も行われているそう。 都合が合えば続けて受講したいなと思っています。





(2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震)

昨日この記事の予約投稿をし、出かけた先で地震に遭いました。
とても立っていられない揺れ、直後に停電となりました。 
自宅は埋立地に建つマンション10F、ドアを開けると食器類はほぼ全壊、
冷蔵庫の中のものも外に飛び出しており、足の踏み場もない惨状となっていました。(><)
しばらくの間、何をどうしていいのかわからず家の中を茫然と眺めておりました。

11.3.11.2.JPG

11.3.11.1.JPG

娘達とは地震最中にTELが繋がり無事を確認。
パートナーは着信履歴あるもののなかなかTEL繋がらず、メールにて無事確認出来たのは20時を過ぎてからでした。
娘達は千葉方面から、パートナーは北千住からそれぞれ約4時間歩いて帰宅。
昨夜のうちに家族全員帰宅出来ました。
夜、横になっていてもゆらゆらと頻繁に揺れ、熟睡することはできませんでした。

11.3.11.3.JPG

停電は未明に回復。
夜明けとともに家の中の片付けを始め、少しずつ落ち着いてきました。
朝になってTVを見て、被害の大きさに驚いております。
被災された方、心よりお見舞い申し上げます。
皆さま、まだまだご注意くださいませ。
前の5件 | - 群馬・栃木の山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。